ドラえもん党・出来杉派 ~D.D.のお金ブログ
株式からアフィリまでお得になる話をこまごまと。
プロフィール

d_d-

Author:d_d-
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選!必騰ゲーム株

秋です。秋と言えばゲーム関連株。
「秋に仕込んでクリスマス商戦シーズンに売る」と勝率が高いことが
過去の傾向を見ても明らかでございます。

ましてこの12月には任天堂wiiが新発売。
テレビでバンバンCMを打ち始めてますから
まさか発売延期なんてことはないでしょう。
その任天堂株,ニンテンドーDSのヒットに続き
またしても新機軸の変わったリモコンwiiを打ち出し
ゲーム機メーカーとしては敵なしの状態ですが
今から任天堂株を…と思っても,既に上がっているだけに
なかなか手が出せない。
そういう点でもソフトメーカー株は狙い目ですね。

というわけで,ヤフーファイナンスで「ゲーム」と検索すると
ヒットしたのが次の銘柄。
2323 (株)fonfun/2697 (株)コーエーネット/2706 (株)ブロッコリー/3344 (株)ワンダーコーポレーション/3715 (株)ドワンゴ/3723 日本ファルコム(株) /3754 エキサイト(株)/3758 (株)アエリア/3760 (株)ケイブ/3765 ガンホーオンラインエンターテイメント(株)/3785 (株)エイティング /3792 (株)ゲームポット/4295 (株)フェイス/4311 (株)ディースリー /4334 (株)ユークス/4728 (株)トーセ /4822 (株)ハドソン/4829 日本エンタープライズ(株) /6261 日本ゲームカード(株) /6460 セガサミーホールディングス(株)/7612 (株)コモンウェルス・エンターテインメント/7633 (株)NESTAGE/7832 (株)バンダイナムコホールディングス/7866 (株)アトラス/7954 (株)ジャレコ・ホールディング /7974 任天堂(株) /9611 (株)ディーワンダーランド /9650 テクモ(株) /9654 (株)コーエー /9684 (株)スクウェア・エニックス /9697 (株)カプコン /9766 コナミ(株)
携帯ソフト・配信の会社やらオンラインゲームの会社やら含まれますね。
オンラインゲームはかつておそろしく人気したことがありますが,
私自身オンラインゲームには全然なじみがありませんし,
韓国じゃあるまいしそんなに言うほど急速な成長性があるとも思いませんから
単純に任天堂Wii対応ソフトを作っている会社をピックアップ。

任天堂Wii公式サイト 
http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html
より
Wiiソフトウェアラインナップ

12月2日に間に合わせるのが◆
アトラス(7866)「カドゥケウスZ 2つの超執刀」
コナミデジタルエンタテインメント(→コナミ9766)「Elebits」
セガ(→セガサミー6460) 「スーパーモンキーボール ウキウキパーティ大集合」
テクモ(9650)「スイングゴルフ パンヤ」
ハドソン(4822)「WING ISLAND[ウイングアイランド] 」
ハドソン(〃) 「コロリンパ 」
バンダイナムコゲームス(→7832)「SDガンダム SCAD HAMMERS」
バンダイナムコゲームス(〃)「縁日の達人」
バンダイナムコゲームス(〃)「たまごっちのピカピカだいとーりょー!」
バンプレスト(バンダイナムコの完全子会社化により今年5月上場廃止)
     「クレヨンしんちゃん 最強家族カスカベキング うぃ~」
ユービーアイソフト(フランス系日本法人) 「レッドスティール」
スパイク(ドワンゴ3715グループ)「ネクロネシア」
任天堂…「Wii Sports」「おどるメイドインワリオ」
   「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」
   「はじめてのWii」

12月中の発売予定が◆
コーエー(9654)「麻雀大会Wii 」「戦国無双 Wave」
タイトー(スクウェアエニックス9684子会社になり今年上場廃止)
   「ふるふるぱーく」
セガ「BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲[ロンド]」
ユービーアイソフト「ラビッツ・パーティー」12月14日
エレクトロニック・アーツ「ニード・フォー・スピード カーボン」
ポケモンバトルレボリューション 2006年12月14日 ポケモン/任天堂

来年以降になるとタカラトミーやスクウェアエニックスも
ソフトをリリースするようですが,とりあえずはこういったところですか。

ここ1ヶ月前くらいから注目していたハドソン
あれよあれよと上がっていき,カプコン
先週13日に業績予想上方修正(経常利益2.4倍)と
日興シティ(目標2500円)やドイツ証券(同2300円)の格付け発表で
コンコーン!と上がってしまいました。
これらを追いかけて買うか,出遅れ株を探すか…?
今夜はひとまずここまで。

3万人以上が学んだ無料小冊子を限定配信中!

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ。 



株主入門」ジャンルにジャンプします。





   

ビジネスブログランキング100選
スポンサーサイト

テーマ:注目銘柄 - ジャンル:株式・投資・マネー

出光,もうちょっと考える

大和で「当選」と相成りました
今年の(mixiを除けば)一大目玉銘柄 出光興産(東証1部 5019

調達が1200億円(うち約770億が国内)と巨額でもあり,PER13倍弱というのも
同業他社と比べて格別割安でもない…
というわけで,抽選に外れたという声もよく聞く一方,
主幹事である大和証券で申し込んだ人は軒並み当たっている感じで
個人の需要はほとんど期待できないかなというのが正直な感触。

ミヤノといいSRIスポーツといい,新興市場より信用できるはずの
東証1部・2部の上場銘柄で散々な状況。
昨年の今頃だったら出光も絶対大人気だったと思うのですが…

ただ,昨年のSUMCO同様,出光の場合は法人需要が確実に見込めます。
38,842,500株×9,500円ということは時価総額3690億円。 総資産2兆236億円,純資産4060億円(06/6 1Q),
売上高3327億円の会社に対する値段としては相当割安。
売上高19億円,純資産7.7億円のmixiが時価総額1611億円(10/18終値)ですよ。

でもまぁ世の中騙し合い・命の取り合いですから
初っ端で売り浴びせて安くなったところを拾おうという筋が
いたりするとこちらは災難だなぁ…。

※出光当選者の購入申し込みは20日締切です(大和ダイレクト)

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログへ。 



株主入門」ジャンルにジャンプします。





   

ビジネスブログランキング100選
三洋電機,復活?

今日放送のTBS系『がっちりマンデー』
「2006年上半期ヒット商品」
「「崖っぷちパワー」で大ヒット!」

という特集をやっていました(ゲスト:北村森さん(日経トレンディ編集長)・オリエンタルラジオ)けど,
後者の例として,三菱自動車と三洋電機の「ダブル3」企業が紹介されてました。
三菱自は言わずとしれた画期的軽自動車「i」の大ヒット,
そして,三洋電機
自然放電しない充電式乾電池「エネループ」
そしてオゾンによる滅菌・消臭機能を備えたドラム式洗濯乾燥機「アクア」
が大ヒットとのこと。
確かに,商品を見ると画期的。三洋電機の復活も間近か?

しかし,株価を見ると加速度的に急降下中。
巨大な累積赤字・有利子負債を抱えている現状で金利上昇局面に
突入すると,利払いだけで四苦八苦になりかねませんものね。
まぁ井植一族の退場というニュースが出れば
株価も即座にV字回復するんじゃないかという気がしないでもないですが
(松下電機の復活も創業者一族の資産支配を一掃したのが1つの契機ですしね)

三洋電機株価(Yahooファイナンス)

『がっちりマンデー』公式ページ


株主入門」31位,株式・投資96位。ありがとうございマス

にほんブログ村 株ブログへ 6/11現在177位。にほんブログ村 株ブログへ。 


6/9(金)の持ち株状況
合計: 2,406,450 +344,206 (前日比 \69,600 +2.98% )

[READ MORE...]

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

週刊ポスト「6月反転が狙える銘柄」

前回の日記で書いたソトーのものすごい配当利回り,
1株150円というのは前期までで終わり,
今期配当予想は38円なんですってね(5/18報道)。
それでも3.7%ですから高いことは高いのですが
株価が下落してる真っ最中でつかむのはちょっとね…,

さて,今週の『週刊ポスト』で特集されていたのが
6月に反転が期待される株。
5月には外資系ファンドの決算にあたり手じまいに伴う売却と
円高,信用買い残高が膨らみすぎている状況下での個人売りで
いわば必然の下落だったということで
6月は,調整が大きかった分飛躍が期待できる…って
だったら本当にいいよね。

というわけでピックアップされていたのが
ソネットエムスリー
テレウェイブ
ホンダ
キャノン
JFEホールディングス
タカラバイオ


優良銘柄の分割ということでホンダとキヤノンがプッシュされていたのは
なるほどねという感じ。
でもまぁ優良であればあるほど分割くらいの材料では
人気化しなかったりするんですけどね。
トヨタ自動車が取引単位を現在の100株に引き下げたときも
そのときはむしろ下がってましたからね。
今はどでかい調整局面で,国際的に優良なコア企業に人気が集中している
状況ですから,そういう意味ではこれらに飛びつく個人とか
多いかもしれませんね。

JFE,ここでも推奨!
HOYAとJFEはほんとうに雑誌の特集では毎回のように
推奨されていますね。

今回のリストの中でいちばん目を引いたのが
タカラバイオ。
5月中旬に30万円弱の水準からS高連発で一気に倍増した後,
ズルズルと40万円割れまで下げている局面ですが
その材料が本物ならすごいことになりますよね。



株主入門ランキング23位。ありがとうございマス
おこづかい稼ぎランキングを席捲していた「パラダイスへブン」,壊滅でいまや
見る影無し。ザマーミロっていうか,ブログで持ち上げていた連中も
罰当たってくんないかな。

にほんブログ村 株ブログへ 6/6現在143位。にほんブログ村 株ブログへ。 



6/6(金)の持ち株状況
ターボリナ 127,000 +11,000 …125,000円で損切り
ワークスア 60,400 +3,500  …60,000円で損切り
ちょっと高めで指したらとたんに約定。
もしかして底の底で売ってしまったのかも…

合計: 2,527,420 +465,176

今年の確定済み益 477,478円


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

宝島「荒れ相場を超越する!日本の「すごい企業」」

いったいいつから『月刊宝島』はビジネス誌になってしまったのやら。
『VOW!』でおなじみのくだらなさ満載の青年誌をイメージして
久々に手にとった人などは仰天しますわね。

今月の株関係の特集は
ワイド特集【荒れ相場を超越する!日本の「すごい企業」】
独自指標で見た、株投資に役立つ「新会社選び」


株式投資にはリスクはつきものとはいえ、LDショック以降の「荒れ」は、多くの投資家に不安を与え、今も肝を冷やし続けている。しかし断言できるのは「成長し続け、健全に経営される会社を長期間投資すれば」必ず報われるということだ。
・強く成長しつづける「すごい会社」
・外資が狙う「すごい会社」
・新しく登場し、急成長する「すごい会社」
・「株式上場予定企業」売上高ランキング

■月刊「投資のツボ」~目指せ1億円~
・日本一の個人投資家、大旦那「竹田和平」の保有銘柄全135
・藤山不動産「第18回」話題沸騰!高くするためのリフォームテクニック
・投信データブック「第18回」反響多数!タイプ別純資産高TOP10
・ワンDAYトレード日記「第15回」ビギナーでもわかる短期投資

20年以上増収増益を続けてきた企業,

過去20年の増益率上位企業,
 同過去10年の上位企業,

過去20年の売上高上昇上位企業,
 同過去10年の上位企業,

過去10年の配当利回り上位企業(1位の企業は10年間の配当合計が時価の4割にも!)

現在の配当利回り上位企業

複数の大手外資系ファンドが保有する銘柄
村上ファンドなどカリスマファンドが保有する銘柄

などのランキングを紹介していましたが,
私が興味を持ったのは過去20年間の売上高上昇率ランキング
1位のトヨタ紡織 3116 1,785円
2位の扶桑レクセル 6386 1,060円
3位のケーヒン 7251 2,555円
  (いずれも100株単位)
直近で見て必ずしも業績が伸びているわけでないせいか
PERが15倍前後となかなかお手頃。

トヨタ紡織はこの2ヶ月で2割値下がり,
扶桑レクセルも5月20日の高値から2割急落,
ケーヒンもGW明けに急落して約3割も下落。
キャッシュが多ければ買い時…と思えてくるのですが
トヨタ紡織はともかく,他の2銘柄については
TOPIXと比べてもこの下げは急激すぎるんですよね。

あと,豊富な手持ち資金が買収の標的として狙われるため
配当を無茶苦茶引き上げたソトー
時価1,319円(100株単位)で配当150円ですから
配当利回り11.37%!
こちらも3月下旬に急落して以来約4割の下落,そこからちょっと
持ち直したところといえましょうか。

■あと,ざら紙のセンター綴じ「月刊投資のツボ」
過去にもタワー投資顧問の保有銘柄とかさわかみファンド保有銘柄など
特集してきましたが,今回は,タマゴボーロの竹田製菓会長,
というより今や「平成の大株主」として有名な竹田和平氏が
「大株主」として株を保有している銘柄のリストを紹介。
保有比率1位のCBCはともかく,見事に無名銘柄が並びまくってますね。
しかしまあ,憧れますなぁ…
いくら大株主になるために小さい企業を選んでいるとはいえ
1銘柄あたり数億円は投資してるはず。
いったいスタート時の元銭はいくらだったんでしょう?
そこからどれくらい増えたのか?
買い増して増やす金はこの株で儲けて回していったのか
それとも商売(役職)収入や配当から注ぎ込んでいるのか?
今に至るその流れを知りたいなぁ…。

★関連リンク…宝島チャンネル


株主入門ランキング26位。ありがとうございマス

にほんブログ村 株ブログへ 6/3現在214位。にほんブログ村 株ブログへ。 



6/2(金)の持ち株状況
合計: 2,663,490 +251,096
(前日比 \16,290 +0.62% )


[READ MORE...]

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。